Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 0‑5V〜0‑10V GLG 100%品質保証! 1987円 Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 0‑5V〜0‑10V GLG 家電&カメラ 電池 電池チェッカー 家電&カメラ , 電池 , 電池チェッカー,medilighthealthcare.com,2‑out,/Chalcidoidea779618.html,GLG,DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in,Deror,0‑5V〜0‑10V,1987円 Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 0‑5V〜0‑10V GLG 100%品質保証! 家電&カメラ , 電池 , 電池チェッカー,medilighthealthcare.com,2‑out,/Chalcidoidea779618.html,GLG,DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in,Deror,0‑5V〜0‑10V,1987円 1987円 Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 0‑5V〜0‑10V GLG 家電&カメラ 電池 電池チェッカー

Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 限定モデル 0‑5V〜0‑10V GLG 100%品質保証

Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 0‑5V〜0‑10V GLG

1987円

Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 0‑5V〜0‑10V GLG

商品の説明

仕様:


アイテムタイプ:DC信号アイソレータ
材質:ABS
モデル:GLG
電源:24V DC

チャンネル:1 in 2 out

PWR(15-、16 +):24V DC

入力:0-10V
配電電圧:DC24V
2線式システム:(9-、13 +)
3線式システム:(9 +、10、13 +)
電源:(9 +、10-)
出力:
チャネル1(1 +、2-):0-10V
チャネル2(3 +、4-):0-10V
出力電流:負荷≤500Ω
出力電圧:負荷≥10KΩ
精度:0.1%FS
作動温度範囲:-20〜 + 55℃
電磁両立性:GB/T 18268(1EC61326-1)に準拠
該当するフィールド機器:2線式、3線式送信機、電流源



パッケージリスト:

1 xDC信号アイソレータ


注:

1.設置場所に強い振動がなく、信号端子、電源端子、およびスペースからの電磁干渉の強度が、IEC61000‑4シリーズの第3のタイプの産業用フィールド電磁干渉を超えてはなりません。使用環境において、金属部品やプラスチック部品に深刻な腐食を引き起こす有害物質があってはなりません。

Deror DC信号アイソレータ電流電圧変換器DINレールマウント1‑in 2‑out 0‑5V〜0‑10V GLG

カテゴリから探すSEARCH FROM CATEGORY

大型筐体板金加工品の製作事例を紹介します。大型筐体や大型のフレーム・架台をはじめ、多数の加工製作実績があります。製品名や材質、業界だけではなく、サイズからもお探しいただけます。

製品名

アプリケーションから探すSEARCH FROM APPLICATION

筐体設計・製造.COMがこれまでに製作した、大型筐体板金品の製作事例を紹介します。400点を超える板金部品を組み立てた大型の筐体や、大型架台・フレームなど、高い精度が求められる筐体板金品の実績は多数あります。

大型筐体もっと見る

大型架台・フレームSWKOMB V

その他大型筐体板金品もっと見る

技術提案事例を探すSEARCH FROM TECHNICAL CASE

筐体設計・製造.COMがこれまでに設計者様、開発技術者様に提案したVE事例を纏めました。イラストと分かりやすい解説を付けていますので、開発段階や設計段階の技術資料としてご活用ください。

運営会社情報COMPANY PROFILE

筐体設計・製造.COMが選ばれる5つの理由と、400点を超える板金部品の高精度組み立て、薄板板金の歪みレス溶接を実現する、複合機やファイバーレーザー溶接機などの最新鋭の大型板金加工設備を紹介します。

会社紹介

保有設備その他保有設備

各種サービスと発刊物

筐体設計・製造.COMのご紹介筐体設計・製造.COMについて

筐体設計・製造.COMは、筐体板金加工の中でも特に「大型」と呼ばれる筐体板金加工品に特化した技術情報総合サイトです。また、筐体設計・製造.COMは大型筐体板金加工品の部品点数が多く、溶接による組み立ての難易度が高い筐体品を中心とした精密な板金製品の製作を得意としています。本サイトでは設計者・開発技術者が知っておかなければならない技術情報なども分かりやすく解説します。

新着情報NEWS過去の新着情報

筐体設計・製造.COMでは、大型筐体板金に関する最新の技術提案事例や製作事例、技術情報に関する基礎知識などを発信しています。また、展示会や商談会出展情報なども随時アップしています。